発展クラスについて

弘友私塾プログラミングスクールでは、一部の生徒に向けて発展クラスを開講しております。

概要

発展クラスは、プログラミング基礎クラスを受講した生徒のうち、さらに継続してプログラミングを学んでいきたい、HTMLやCSS以外のプログラミング言語にも触れたいという生徒向けに開講しております。このため、HTML/CSSの基礎知識、および、プログラミングの考え方を身につけていることが前提となります。

 

授業内容は、各自が興味のある分野(ブログやゲーム、スマホアプリなど)を決め、それに合ったプログラミング言語を選定し、対象言語の入門書(市販テキスト)を購入、進めていくといったスタイルになります。このため、授業時間は決めて同じ時間に集まりますがテキストを見ながら進める、個別学習に近いスタイルの授業となります。講師はあくまでサポートの立場であり、「自ら課題を見つける力」「わからないところを創意工夫して乗り越える力」をプログラミングを通して学んでいきます。あくまで入門書レベルをまずは身につけることを目標としています。入門書が終わった上で次に難易度を上げることは良いですが、最初から難易度の高い教材にならないよう指導しています。

それでも内容によっては授業時間では全く足りないため、完成を目指すには自宅で進める必要がある場合があります。あくまでプログラミング学習という観点では必ずしも完成させることが目標ではありません。ただし、完成させることが1つの自信にもつながるため推奨します。

 

また選んだプログラミング言語や内容によっては塾のパソコンでは対応しておらず、パソコンをご用意していただく必要のある場合があります。これは書籍の購入前に事前に相談し必要な場合はお伝えしております。※塾のパソコンで対応している場合でもご自身のパソコンを持ってきてご使用いただくことは可能です。

過去に学んだ言語

WordPress(ワードプレス)

HTML、CSSの発展としてWordPressのカスタマイズを学びました。WordPressは世界中で使われているCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。主にブログを作成する無料ソフトウェアですが、プログラミング不要で様々なカスタマイズ(デザインの変更や文字サイズの変更など)を行うことができ、近年ではブログだけではなく企業のWEBサイト制作にも使われています。弘友私塾のWEBサイトもWordPressを使用して作られております。

プログラミング不要でカスタマイズできる=プログラミングの知識がなくてもある程度のものを作ることができるWordPressですが、プログラミングの知識を用いることにより、さらに複雑で洗練されたデザインや機能を持たせることができます。

将来、ブログやWEBサイトを運営してみたいと思った時にも使うことができる実用的な内容となります。

Python(パイソン)

Pythonは1990年台に登場した比較的新しいプログラミング言語です。そして、近年特に注目されているプログラミング言語の1つです。

「コードが簡潔で学びやすい」、「エラーがわかりやすい」などの特徴で学習しやすいというメリットがあるとともに、人工知能(AI)の分野での活用が期待されていることが注目を浴びている一因です。人工知能の分野は今後も伸びていくだろうと言われており、普段の生活にも徐々に浸透してきているため実感のある方も多いのではないでしょうか。

IT系ではない会社の研修でPythonの学習が行われているとのニュースもあり、将来性のある言語を学びたい人向けにおすすめの言語です。

JavaScript(ジャバスクリプト)

JavaScriptはWEBで使用される言語であり、DBサーバーとの連携や入力ボックスのエラーチェック、ポップアップ表示などを行うためのプログラミング言語です。HTMLと同時に使用する言語であり、基礎コースを終了したあとに学ぶものとしては順当な言語とも言えます。

ただし、HTMLやCSSと連携させて使うことにより、HTML単独よりもWEBサイトの使い方に幅を持たせることができます。一例として、授業ではJavaScriptを使ったブラウザゲームの開発を行いました。ゲームが好きでゲームプログラミングに興味を持っている生徒は多くいますが、プログラミングの中でもゲーム分野は特に難易度が高いものが多いです。

このような中でも比較的簡単にゲーム開発できるのがJavaScriptになります。ゲーム以外にも汎用性の高い言語であるため、WEB系に興味のある方にはおすすめの言語になります。

その他

その他、生徒自らが何を学んでいきたいのか考え、挑戦していくスタイルの授業となります。プログラミング言語や難易度によっては講師とともに課題に取り組み、ディスカッションしつつ完成を目指したケースもあります。

 

 

興味のある分野に挑戦するのが一番楽しく、そして一番成長につながると思います。基礎コースを完了し、さらにやる気のある生徒は発展コースに挑戦してみることをおすすめします。